ちいさいおうち

こもりうたのこと

子どもたちと眠るときに、ずっと子守唄を歌って来ました。
同じ子守唄ばかりだと私が飽きてしまうので(笑)子守唄メドレーにして歌っていました。
何曲目で子どもたちが眠るか、あるいは私がダウンするか、、、(笑)
子守唄は子どもはもちろん、大人も癒す力がありますね。
絵本、昔話の読み聞かせと、子守唄をうたうこと、これだけはやってきてよかったな、と心から思います。
三男が1歳なので、まだまだ歌わせてもらっています。いつまで続けられるかな??

♪ねむれ ねむれ 母の胸に ねむれ ねむれ 母の手に こころよき 歌声に むすばずや たのし夢

♪ねむれ良い子よ 庭やまきばに 鳥も羊も みんな眠れば 月は 窓から 銀の光を 注ぐこの夜 
 ねむれ良い子よ ねむれや

♪ねむれよ あこ なをめぐりて うるわしの 花さけば ねむれ いまはいとやすけく あした窓に といくるまで

♪ゆりかごのうたを カナリヤが歌うよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ 
 ゆりかごのうえで びわの実がゆれるよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ
 ゆりかごのつなを のねずみがゆらすよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ
 ゆりかごのゆめに きいろい月がかかるよ ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

♪おつきさま えらいな 鏡のように なったり くしのように なったり 春 夏 秋 冬 にほんじゅうを 照らす

♪ねんねん ころりよ おころりよ ぼうやは 良い子だ ねんねしな
 ぼうやの おもりは どこへいった あの山こえて 里へいった
 里のみやげに なにもろた でんでんだいこに 笙の笛

♪ねんねこさっしゃりませ 寝た子のかわいさ 起きて泣く子の ねんころろ つらにくさ ねんころろん ねころろん
  
♪くもはあっぱいべべきて ちゃぶくろばんばに しかられる かやのき山の 日の暮れを 馬にほだつんで 
 おりてくる じいのかえりの おそいこと くもはあっぱい べべきて じいがもんたら ゆうちゃろ じいがもんたら
 ゆうちゃろ

♪ねんねんねやまの こめやまち こめやの横丁を とおるとき ちゅうちゅうねずみが ないていた 
 なんのようかと 聞いたらば 大黒さまのおつかいに ねんねした子の おつかいに ぼうやもはやく
 ねんねしな 大黒さまへ まいります

♪お月さん お月さん 星ゃ 星ゃ でさっさん 十五夜さんから にくまれぼうで そこで 星ゃ でさっさん
 なんやろ かやろ いけのはたの こふくろう こふくろう うしろへ おんもんだいよ ちりん からん ぽてっ

♪ねん ねん ねん ねん ねん ねんや この子のねたまの しごには おきな島へ わたって にないや
 さざえを とってきて ゆでたり やいたりして くわしょ

♪ねんねこせ おんぼこせ おらえの○○ちゃんは よい○○ちゃん だんまて だんまて ねんねしな 

♪ゆうなの木の下で ゆれるふうりん りんりら りん ねんねがせ ねんねがせ りらりら りんりん

♪おどんみゃ島原の おどんみゃ島原の 梨の木そだちよ なんの梨やら なんの梨やら 色気梨ばよ
 しょうかいな おろろん おろろんばい おろろん おろろんばい はよねろ なかんで おろろんばい
 おろろん おろろん おろろんばい

こうして書いてみると結構な数のうたを歌っていますね〜。
おすすめの本は 童話館出版の「ねんねんよ〜」CDつき です。いつかこちらで紹介しますね。
 
 



草木染&ホーローままごと ちいさいおうち