ちいさいおうち

草木染のこと
草木染の遊び布のお買い物ページへ
★草木染めとの出会い★
     シュタイナー教育を少しずつ学ぶ中で草木染めと出会いました。
     自然の恵みから頂く色の数々は、はっとするほどの美しさと、なんとも言えない優しさ、そして言葉では
     尽くせない"何か"を私にもたらしてくれました。そしてなんと言っても染め物をしているときの幸せな気分と
     いったら・・・! (山崎和樹先生監修"日本園芸協会草木染め講座"を修了しています。)

★"ちいさいおうち"の草木染め(EX.遊び布シルクの場合)★
   草木染の方法はいろいろあると思いますが、ここでは「ちいさいおうち」で主に行っている方法をご紹介します。
    
    1.たっぷりのお湯を大きなボウルに入れ火にかけ、染める布を精練する。(布に付着した汚れを落とします。)
    2.別のボウルにお湯と染料を入れ(量は布、染料にもよります。)煮出す。
    3.染液をザルとクッキングペーパーなどでこし取る。
    4.1で精錬した布を3の染液に浸し、ムラにならないようさいばしで布を動かしながら20分〜30分
      煮染めする。
    5.みょうばんを溶かした媒染液に煮染めした布を浸す。(約15分)ムラにならないよう布をときどき動かす。
    6.媒染した布を軽く水洗いし、再度染液に戻して約15〜20分煮染めする。ムラを防ぐため、たえず布を
      動かす。
    7.染液から布を取り出し、色が出なくなるまで水洗いする。
    8.脱水したのち、生乾きの状態でアイロンをかけて終了。
    *最後は天日に干したり、室内で干したり、、という方法もありますが、我が家は狭く、スペースがないので、
      アイロンをかけています。
    *毛糸やフェルト、また羊毛などの場合、一部手順が異なります。
    *ロングコットンガーゼのような大物の場合は大きな衣装ケースで浸し染めで染めています。 
    *細かいところは省略させて頂きました。
    *そして必ず、心を真っ直ぐに、まっさらにして自然の恵みをそのままに頂けるようにお祈りをして、
     心を込めて染めています。これが最大のポイントです。
     
★媒染剤、その他について★
     媒染剤は、食品添加物としてスーパーでも売られている、口に入れても安全なみょうばんを使用して
     います。またすべて一枚ずつの手染め、また手織りのものもありますので、多少の織りムラ、色ムラは
     どうぞご容赦下さい。

★草木染品のお洗濯方法などお取り扱いについて★
日光の当たる場所での保管はお避け下さい。(色褪せの原因となります。)
また、お洗濯の際は必ず中性洗剤で優しく手洗いしてください。
(石鹸などアルカリ性洗剤でのお洗濯はお避け下さい。)



草木染&ホーローままごと ちいさいおうち